汗と涙の夏期講習

★高円寺教室のKさん。講習が終わると一晩で一気に“夏期講習 奮戦記”を自ら進んで書いてくれました。国語が大の苦手だった Kさんの隠れた才能が爆発した文章です。独断と偏見に満ちてい ますが、今でも養哲塾の夏期講習の雰囲気を正確に伝えていると 思います。

先生たちの成績表

第1期

総整理 英語
 当時はまだ全クラス中学1、2年の総復習。「まだ、大変じゃ ないね、“夏を制す者は受験を制す”って言うけどこんなの で平気なの」という声が、どこからか入ってきました。しか し、そんなのはまだ心優しい生に当たった人。大きな声じゃ言えないけどKO先生は宿題を 無茶苦茶出すは、小テストはするはで生徒を泣かせ。YI先生は、 「このテキストを5日間でやるのは無理だから焦らずにやりましょ う。」と生徒を喜ばせ感謝された。先生によっていろいろでした。

総整理 数学
 ここも1、2年の総復習。「英語があれなら、数学も簡単かな」 と考えた私たちが無知だった。英語は辞書を引けば何とかわかる。 しかし数学は、自分の頭をどれだけ使うことができるかが勝負の 分かれ道。私たちはそのことを察し、塾でせっせと宿題を解いて 帰りました。このころ先生たちはと言うと、楽しそうにしゃべっ ていました。そして授業では、またまたKO先生はとーってもわ かりやすい授業をし、SS先生は比較的少ない宿題を私たちに与 えてくれて皆に感謝されていました。

第2期

国語・文法
 「なぜ5日ぶっ通しで文法をやらなきゃいけないの」と言う ほど文法づくめの毎日。それに加えて朝10時から、早起きを しなくてはなりません。けれども当たった先生が良かったの か、まだ体力があったせいか、さほどつらくありませんでし た。

英語・練成
 ここから皆元気がなくなり、しまいには塾の床に寝っ転がって しまう程。この風景を見たさすがのMI先生も私たちに快く(?)、 10番教室を提供してくださいました。そんなこんなでも授業は続 けられます。それでもトップクラスだけいきなり3年生の予習・ 復習から入るのだからこのクラスの人は、目がうつろになってい きました。そして、またまた変人KO先生のクラスでは、みんな (?)おかしくなりそうになっていました(私だけという話もある けど)。

国語・読解
 文法と違ってここからは、読解オンリー。国語大嫌い人間にし か分からない、長く苦しい5日間。ここでは、再び優しいKH先 生のお世話になった人も多いはず。

数学・練成
 ここは、数学大好き人間でも逃げ出したくなりました。なぜっ て、私達のクラスのテキストは、全部3年生の内容。それも難問ば かり。できるはずの問題も解けずに思わず涙しました。数学を解 くことに自信をなくし、半分以上おかしくなっていて、ただただ ヘラヘラ笑いながら連日のように徹夜で問題を解いていました。 もう禁断症状。あのKO先生にもおかしいと言われ、私は傷つい た(半分うそ)。授業中には、隣のクラスからの笑い声はいやでも 聞こえてきます。私達のクラスは何なんだ。それに加えて先生も おかしくなり始めました。東大生のあの、DK先生まで「ドナ ドナ」を歌い出してしまい(それも授業中に)もう誰も秀才先生たち を止められない状態にありました。(あのMI先生でさえ止められ なかった。)

第3期

続きましては、夏期講習後半戦
 ここでは、休み明けのせいもあって、いきいきしている人と、目 がいっちゃっている人のどちらかに先生達全員を区別できました。
 いきいきしていた人
YF先生 KH先生 KW先生(疲れを知らない) KA先生(新婚だから) SS先生(いつも元気)
 目がいっちゃってた人
KO先生(いつも) NT先生 AK先生(なぜか疲れていた) TN先生

理科
 休み明けで気分をリフレッシュしたところで、やる事盛りだく さんの理科の始まり。しかし、いくら秀才の先生達でも今までの 総復習はできません。ここでは、化学・物理に的を絞り着々と力 を付けさせられました。もうあきらめたのか、先生達は、宿題を 死ぬほど出すのをやめ、淡々と授業をしていました。SS先生が、 定刻通り授業をしていたのにもかかわらず、いつもの癖がでたの かTN先生の授業が終わるのは、いつも10〜20分遅れ。その 結末から言うと昼ご飯は流し込み、お茶も飲まずに午後の授業。 「少しは休ませてくれー!」という生徒達の悲鳴が聞こえてきまし

英語・総合
 もう、この5日間のことは思い出したくないですね。い きなり渡された[文法パターン練成発展編]の中には、160 ページにわたる過去に出された有名難関私立校の問題。見 た瞬間、クラスのほとんどの徒は「これを本当に5日間でやるの?KH先生?」と確かめたほ ど。そんなテキストから毎日、10ページ近い宿題が出るのです。 そして、次の日の抜き打ちテストを含む小テスト。もう誰もがお 手上げ、連日徹夜状態。しまいには、目の下に「くま」ができてし まった。

社会
 これも理科同様、全部やらないと思っていたら、考えが甘かっ た。最初から補助教材で授業が行われ、全過程を習いました。こ の先生達は超人的ですね。

数学・総合
 夏期講習最後のコース。すごくはりきっているSS先生。習う のは「三平方の定理」「円の性質」「二次関数」だけ。この三拍子そ ろったら、もう勉強せざるを得ないでしょう。私達生徒は、SS 先生のペースに巻き込まれながら勉強しました。
 「円の性質」では、私はまたまた思わず涙しました。きっとまわりが出来て私一人だけが出来ないという悔しさと、先生が一生懸 命教えてくれているのに、半分理解したのだか、理解していない のだか分からない自分に腹が立ったのでしょう。あのときは本当 にすごく悔しかった。
 何だかんだ言って勉強した30日間。勉強している中で大声で 笑ったり、先生たちに怒られたりもしたし、泣きもした。そんなかで、私達は、先生からいろんなことを学び、吸収した。
 学校では習えない何かが夏期講習の中にあったと思う。 今回の講習がただ単に「偏差値」を上げるためだけのものにならなくてとても良かった と思う。夏期講習が終わって何か悲しいような物足りない 気もするけど、この30日間で学んだことは、絶対に忘れないと思う。


私たち自慢の秀才教師たち

最初に!この先生たちを知らない人は、養哲塾のもぐり
 YF先生
 塾で一番の頭(体力?)を持ち、その立場も責任者。しかし、授業が終わればその立場は一変し、一気に塾内をきれいにしようとするさすらいの掃除人。見かけによらず(失礼)運動神経がよlく怒らすと誰もこの先生を止めることができない。近頃3年生から人気急上昇中。
 KH先生
渋くて優しい、お父さんタイプ。講習中はとても分かりやすい密度の濃い授業を私達に提供してくれました。授業外でも私達が 悩んでいると、天の声で解き方をつぶやいてくれました。

 YI先生
 外見は、無口でまじめ。本当もまじめで無口。まじな顔して生 徒たちにボケをかましてくれる。かめばかむほど味が出る「スル メ」のような人。
 TW先生
 いつも自転車で(それもハダシ)来る。変わったものを持ち歩 いている独り者。この人はいろんなことを知っている。夏期講習 中は、ずっと小学生を相手に知力、体力、忍耐力で授業をくりひ ろげていた。
 EI先生
 女みたいな名前をしているが、この人は「男」である。いつも笑 顔を絶やさず、一生懸命授業をしている。
 KA先生
 奥さんが、結構美人な新婚さん。生徒が、ふざけて「A先生、奥さん 元気?」などと言うとたちまち、顔を真っ赤にしてしまう。かなり、か らかいがいのある人。

 KS先生
 社会科のことならなんでも(?)OKなすごい人。夏期講習社会で は、生徒を定刻より40分早く来させる気のいれよう。
 KO先生
 関西人でもないのに関西弁を使ったり、変人扱いされるのを好んだりする独り言の多い変わっ た人。この人の数学の教え方がうまいのは認める。けれども、夏期講習で英語の宿題の出し方は血も涙もない。テキストから1日最低10ページの宿題。次の日の小テスト。しかし、このような作業をちゃんとこなした人の英語力は確実にUP(すると思う)。
 NT先生
 自称:足は短いが、サッカーはうまい。英語を教えるのが抜群 にうまい。口でも多くを語るが、それ以上に目が多くを語ってい る。
 MA先生
 正真正銘の関西人。良くしゃべり、良くリアクションする一緒 にずっといたら楽しそうな人。夏の間は、フィリピンに合宿に いっていたようだ。
 DK先生
 見かけ恐そうだけれども、話をするととても楽しい東大生。こ の先生もYF同様、怒らすとメチャクチャに切れると思う。講習 中、生徒が疲れてばてていたにもかかわらず、ずっと元気にSS 先生としゃべっていた。
 KO先生
 見た目がお坊ちゃんだが、中身もお坊ちゃん。そのくせして、ま るで酔っ払いように人に絡んでくる。そんなKO先生も授業中は、 とても元気らしい。(MI先生のお話)
 AK先生
 人と話すときに、相手の顔をちゃんと見れない自称小心者。いも、高そうなものを持っている。そして、しょっちゅう手を 洗っている。
 SS先生
 授業の教え方がとてもうまくて分かりやすいと3年生で評判。 しゃべること1つ1つに説得力があり「これはこうなんだから、 絶対に覚えろ」とこの先生に言われると、それを覚えなくてはな らないという気になる不思議な人。普段は無口だがしゃべるともしろい人。講習の総合コースでは、私達をグイグイひっぱって 授業を進めてくれた。
 MI先生
 やはり締めはこの人しかいないでしょう。養哲一変な人。この 人こそ、陰で養哲をしきる女。見た目は恐そうだけども、本当に 恐い。今までずっと、歳を偽ってきた自称16才。ここまで来ると 誰もが呆れてしまう。誰が、彼女のことを救えるかがこれからの 見ものとなりそうだ。


高円寺教室  匿名希望
   製作協力   他4名(中3女子)